静岡市では、「健康長寿のまちづくり」を進めています。そのひとつとして認知症施策の推進を重点事業とし、認知症の人やその家族に対する総合的な支援を行う拠点、「(仮称)認知症ケア推進センター」を開設する準備を進めています。
 高齢化率の上昇とともに認知症高齢者数が増加しています。誰もが認知症になる可能性があります。認知症になっても、本人も家族も希望を持って暮らしていくことができるよう、支援する環境を整えていきます。

(仮称)認知症ケア推進センターって
どんな施設?

本人や家族への
直接支援を行います!

専門職等による個別相談 「駆け込み寺」

各個人に寄り添い、認知症に関する多様な困りごとを解決します。

  • 身の周りや外出の支援など、日常生活に関する支援
  • 若年性を中心に社会参加や就労に関する支援
  • 介護方法やレスパイト支援※1
  • フレイルチェック※2や認知症等の判定・測定などの物忘れ健診

※1 日常的に介護をしている認知症の人の家族が休憩できるような支援
※2 フレイルとは健康な状態と要介護状態の中間。
詳細はこちらから

当事者同士の交流・活動支援 
「交流の場」「本人・サポーターの活動拠点」

地域での認知症の人の社会参加や生きがいづくりを推進します。

  • 認知症カフェなど認知症の人同士の交流
  • ピアサポート(同じような立場の人によるサポート)
    認知症の人による相談支援や講演など
  • 家族同士のピア活動
  • 認知症サポーターが認知症カフェへの同行や運営に 参加するなどの活動支援

本人や家族への支援環境の
整備を行います!

専門機関との連携 「連携拠点」

 各個人の認知症の特性にあった切れ目のない支援をするため、情報を集約し、センター窓口で相談の充実を図り、最適な施設やサービスを紹介します。

研究開発・人材育成 「専門職の研究拠点」

効果的な認知症ケアや従事者の認知症対応力の向上を図ります。

  • 大学や企業と連携した認知症ケアの共同研究の実施
  • 認知症ケアの手法について事例検証の勉強会の開催
普及啓発・理解促進 「情報発信の拠点」

認知症について正しく理解し、社会全体で支援する体制が構築できるよう、勉強会を開催します。

  • 市民向けに、認知症サポーター養成講座、認知症予防セミナーなどの開催
  • 企業向けに、認知症の人の採用時・勤務時における対応支援セミナーなどの開催

(仮称)認知症ケア推進センターって
誰が運営するの?

 静岡市が直接運営します。医療・介護等の専門職、認知症地域支援推進員等を配置し、認知症の人や悩みを抱える家族に寄り添ったきめ細やかなサービスを提供します。

(仮称)認知症ケア推進センターって
どこにできるの?

 葵区七間町にオープンします。市民の皆さんの利便性を考え、まちなかに設置予定です。交通の便が良い場所なので、車がなくても利用可能です。

市長からのメッセージです!

 介護をしている家族が抱える不安は、大半が「認知症への対応」となっています。この不安を家族だけで悩み、相談場所もわからず、問題を抱え込むことにならないよう、困ったときに駆け込める場所が必要だと考えています。
 「(仮称)認知症ケア推進センター」を広く市民の皆さんに活用していただき、認知症の人やその家族を全力で支援するとともに、オール静岡市で認知症に理解あるまちづくりを進めてまいります。静岡市長 田辺信弘

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?